コールセンターで働く人・働きたい人を応援するサイト

コールセンターのススメ

電話応対の基本・応用

仕事を辞めたいと思いながら3年間継続できた理由

更新日:

私は職場をいくつか変えながらコールセンターでの仕事を経験しており、誰もが知っているであろう大手企業のコールセンタでももいくつか仕事をしたことがあります。

その中でも最も仕事がきつかったのが携帯電話関連のサポート業務だったのですが、その仕事は幅広い知識や高度なスキルが必要で、離職率も高く人の入れ替わりもわりと激しいところでした。

そこでの仕事になかなか付いていけなかった私は「もう辞めたい」「仕事に行きたくない」と思ったことは数知れずありながら、意外にも結果的にそこが一番長く仕事を続けられたコールセンターとなりました。

それではなぜ、仕事が嫌だと思いながらも結局私は3年間その続けることができたのか、その理由をここでは説明したいと思います。

 

コールセンターで3年間継続できた理由

それでは、仕事が辛いと思いながらもそのコールセンターで3年間仕事を続けられた理由を説明します。

 

辞めることはいつでもできるから

まずひとつ目の理由としては、「派遣の仕事は(契約期間満了のタイミングで)いつでも辞められる」からです。

それがもし正社員であれば「まずは直属の上司に相談をして、退職届を提出して・・・」などと面倒な手順を踏む必要がありますが、派遣であれば更新の意思を聞かれた時に「更新しません」と派遣元の担当営業に伝えればそれで済みます。

つまり、何とか最初の契約期間満了まで持ちこたえれば、簡単に正当な方法で辞めることができるんです。

少なくとも私はその事実があるだけで多少なりとも気が楽になりましたし、「とりあえず満了日まで頑張ればそれでいいや」と思うことが一種の心の拠り所になって何とか業務を続けることができました。

ですので「自分にはもう無理」だと思っても、「あと何日で辞められる」とカウントダウンしながらとりあえず一日一日をこなしてみると良いです。

そうすると、気が付いた時にはある程度業務を覚えて辞めたいという気持ちが薄れていることもあり得ます。

ポイント

ただし、もしコールセンターでの仕事が初めてで仕事内容が自分には合わないなど、「どうしても契約満了まで待てない」「すぐにでも辞めたい」という場合もあるかと思います。

大きなセンターだと無断欠勤する人も中にはいましたが、後のことを考えてもなるべくそういうやり方はしないほうが良いですし、派遣会社の担当者に状況を伝えて相談することをおすすめします。

職場環境に問題点あるのであれば、営業から派遣先に話をして改善してもらえることもありますし、派遣先とうまく調整ができれば契約期間を短縮できる可能性もないとは限りません。

 

契約更新を断られなかった

私がセンターでの仕事を続けられた理由の二つ目は、派遣先から契約更新を断られなかったからです。

派遣の契約更新は、自分の意思だけではなく派遣先とスタッフ双方の意思で成り立ちます。

なので、自分が更新したいと思っても更新できないこともありますし、逆に自分が更新したくないと思っても派遣先は更新を望むこともあります。

私はそのセンターで仕事を始めたばかりの頃、研修は終えて着台は出来たとはいえその後はいきなり大海原に乗り出してしまったかのような大変さでボロボロでしたので、「最初の契約期間を満了しても次の更新は断られるかもしれない」と思っていまいた。

ですが、少なくとも派遣先から契約を打ち切られることはありませんでした。

ただ実際の派遣先の評価がどのようなものだったかは分かりませんが、私自身は自分の応対に自信を失くしていてクビになってもおかしくないと思っていたのでそれが無かったというのは意外でしたし、戦力とまではいわなくても自分が思っているほどは評価は悪くないのかもしれないとちょっと安心したところもありました。

それでも仕事が辛いことには違いはないにしても、それならばもう少し続けてみようかと思い、そしてその次の更新時にはこの3ヶ月乗り切れたのであればもう3ヶ月頑張ってみようと思いながら、最初の一番辛い時期を乗り越えることができました。

 

自分の成長が見えてきた

上記のように、何とか最初の契約期間満了まで乗り切り、その次の契約更新と続けていった私ですが、いつもプレッシャーで気が重く仕事自体は苦しいものでした。

それでも、少しずつ自分の努力の成果や成長が見えてきたことが実質的に長く仕事を続けられた理由の一つです。

始めは手探り状態でも、何とか業務をこなすうちに少し前には分からなかったことが理解できるようになっていたり、この間までうまくお客様に説明できなかったことがきちんと伝えられるようになっていたりと、わずかでも自分が成長していることが分かるようになってきたのです。

それには業務中に自分が使いやすい資料を作ったり通勤時間などを使って勉強したりと、自分なりの努力はありましたが、それが少しずつ応対に反映されてきたのが実感できるとちょっとした自信につながりました。

 

時給が高い

コールセンターといってもまちまちですが、一般事務と比べると高時給のところが多いです。

それが理由でコールセンターで仕事をする人も多いのではないでしょうか。

ちなみに、この記事で書いている私が最も長く勤めていたセンターはスキルに応じて時給が上がっていくシステムになっていて、研修時の1,600円から始まって最終的に1,850円まで上がりました。

なおかつシフト勤務で祝日で勤務日数が減ることもなく、毎月安定して22日ほど出勤していたので、多い時には支給額が30万円を超えることもあり、その時にはちょっと感動を覚えました。

時給が良いというのは一種の励みにもなりますし、一人暮らしをしていたのである程度の金額の給与が出ることは実際に生活をする上で必要なことでもあったので、時給が高いというのは仕事を長く続ける上で大きな理由の一つであったといえます。

 

プライベートと両立しやすいから

私は長く一つのコールセンターで仕事を続けられた最後の理由は、勤務がシフト制でプライベートと両立しやすかったことです。

コールセンターはシフト勤務のところが多いですが、そのセンターもシフト制であらかじめ希望を伝えることで月に1日、2日であれば休みを調整をしてもらえました。

必ず希望した日に休めるとは限りませんが、自分の用事ややりたいことがある時には希望が通ればその日は公休扱いにして休むことができたので、休みをとることで給与が少なくなることもないですし有給を無駄に消化することもありません。

自分のプライベートをある程度確保しながら働けるというところはコールセンターの魅力の一つですし、当時の自分の希望に沿った働き方だったので結果として3年間も継続できたと思っています。

 

まとめ

以上、私が仕事を辞めたいと思いながら、コールセンター業務を3年間続けられた理由について説明しました。

コールセンターの仕事は、職場にもよりますが総じて離職率も高く人の入れ替わりが激しい職場だといえます。

せっかく仕事に就いても辞めたいと思うことも多いかもしれませんが、「まずは契約満了まで続けてそこで辞めればいい」という軽い気持ちで続けてみると、いつの間にかスキルも付いて辞めたいという気持ちも薄れてくることもあります。

またコールセンターの仕事は「時給が高い」「シフト勤務でプライベートと両立しやすい」といった大きなメリットがありますので、何か他にもやりたいことがあり、プライベートと両立したい人には魅力的な職場ではないでしょうか。

そうしたメリットとなる部分も意識しながら冷静に考えてみると良いかと思います。

スポンサーリンク

-電話応対の基本・応用

Copyright© コールセンターのススメ , 2019 All Rights Reserved.