コールセンターで働く人・働きたい人を応援するサイト

コールセンターのススメ

派遣の基礎知識

「派遣の仕事を辞めたい」と思った時に注意したいこと

更新日:

スポンサーリンク




コールセンターに限りませんが、派遣の仕事をする場合にはあらかじめ契約期間が決まっています。

しかし、中には仕事を始めてすぐの段階で「仕事が合わない」「まだ仕事を始めたばかりだけどもう辞めたい」と思うこともあるのではないでしょうか。

そんな時には派遣会社に相談をして辞めることもできないことはないですが、後のことを考えると慎重になったほうが良い場合もあります。

そこで、ここでは派遣の仕事を辞めたいと思った時に注意しておきたい点について、ケース別に説明します。

 

「仕事を辞めたい」と思った時に注意したいこと

それでは、以下に仕事を辞めたいと思った時に注意したい点について説明します。

 

契約期間終了と同時に辞める場合

まず、派遣の仕事は契約期間があらかじめ決まっているので、その契約期間が満了するタイミングで仕事を辞めることが可能です。

辞めることを申し出るタイミングとしては、まず期間満了を迎える一ヶ月ほど前に、派遣会社の営業さんから電話などで契約更新をするかしないか意思確認の連絡がありますので、その意思確認の際に「契約を更新しないこと」を伝えればOKです。

特に、それが半年や一年などある程度の期間働いた上で契約満了のタイミングで辞めるのであれば何も問題になることはありませんし、理由を聞かれることはあったとしても揉めるようなことにはなりません。

契約期間満了で契約更新をしないというのが派遣の仕事を辞める時の基本的な方法です。

 

最初の契約期間満了のタイミングで辞める場合

契約期間満了で辞めるとはいえ、ある程度長期で仕事をして期間満了で辞める場合はトラブルになりませんが、最初の契約期間満了で辞める場合には注意が必要です。

場合によっては、派遣元の営業さんに引き止められたり、次の仕事をなかなか紹介してもらえないこともあるので、しっかりとした理由を説明できるようにしておくことをおすすめします。

というのも、私は最初の契約期間満了で辞めたことが2度ありますが、どちらも辞める時に引き止めに合いました。

一つは、もともと長期就業の予定で仕事を始めたのですが、その職場が合わずに最初の契約満了で終了することを伝えた時です。

営業さんに理由を聞かれ、思い留まるよう説得されました。

結果的には無事に終了することはできましたが、営業さんとの関係がぎくしゃくしたものになり、職場の人からも面倒そうな対応をされるなど、後味の悪い終わり方となりました。

そしてもう一つは、もともと期間限定で募集されていた仕事で2ヶ月半という短期の予定で始めた仕事だったのですが、その仕事が期間満了で終了する際に、派遣先から延長のお話をいただきました。

それはありがたいことなのですが、はじめからその職場で長期的に就業するつもりではなかったことと、担当営業の人が相性の合わないタイプだったこともあり、深く考えずに延長を断ってしまったのです。

そうしたら、その後同じ派遣会社で次の仕事をすぐに紹介してもらえず、一ヶ月くらい間が空いてしまいました。

ただ次に決まった仕事も、たまたま「明日からすぐに来てほしい」という緊急の案件に声を掛けていただいて就業できただけで、それがなかったらその派遣会社ではその後仕事を紹介してもらえなかったかもしれません。

なので、最初の契約期間満了のタイミングで辞めること自体は可能ですが、その派遣会社との関係性が悪くなることを考えた上で決めることをおすすめします。

もし、もう少し続けてみても良さそうなら一回は更新をしてその次に満了となるタイミングで辞めるようにする、もしくはその派遣会社で仕事を探すことは諦めて別の派遣会社で仕事を紹介してもらうことを考えるほうが良いと思います。

 

契約満了前に辞める場合

次に、契約期間満了前、つまり契約期間の途中で辞めたいという場合ですが、辞めることは不可能ではないものの、けっこう難しいです。

私は一度、派遣先の仕事内容が契約書に書かれているものとは違っていたことを理由に最初の契約期間満了前に辞めたことがありますが、そのような状況でもすぐに辞められた訳ではありませんでした。

派遣会社の営業さんからいろいろと質問を受けて業務の状況などを報告し、その上で営業さんから派遣先に話をしてもらい、派遣先で後任を見つけてからやっと辞められたという状況でした。

しかし、この時には派遣先のほうに落ち度があったからか、派遣先のほうからは次の仕事を紹介すると言ってもらえました。

契約期間満了前に辞めるには派遣会社や派遣先の都合も含まれてくるので簡単な話ではありませんが、このようなケースであれば派遣会社に相談をした上で辞めることで派遣会社との関係性を損ねることなく、それ以降の仕事を紹介してもらえる可能性はあります。

ただ、「今すぐに辞めたい」「ストレスで体調を崩して出勤できない」といったケースもあるでしょうし、どうしても無理ならば仕方がありませんが、ある程度円満に辞めたい場合には状況を伝えて一度営業さんに相談してみると良いです。

派遣先に状況を伝えて職場環境を改善してもらえることもありますし、勝手にフェードアウトして評価を落としてしまうよりは良いのではないかと思います。

 

まとめ

以上、派遣で仕事を辞めたい時と思った時に注意したい点をまとめました。

派遣で仕事を始めたけれど「職場が合わない」「仕事内容が思っていたのと違っていた」などで辞めたいと思うことは少なくないかもしれません。

もしそれが半年や一年など、ある程度の期間就業して契約期間満了のタイミングで申し出るのであれば、特にトラブルになることなく辞められますし、その後も同じ派遣会社から仕事を紹介してもらえます。

ただし最初の契約期間満了のタイミングで辞める、契約期間中に辞めるという場合には、営業さんから引き止められたり、派遣先で後任を見つけた後でないと辞められないなど、簡単ではありません。

とはいえどうしても辞められない訳ではないので、なるべく一度派遣会社に相談して円満に辞める方向で考えることをおすすめします。

スポンサーリンク

-派遣の基礎知識

Copyright© コールセンターのススメ , 2019 All Rights Reserved.