コールセンターで働く人・働きたい人を応援するサイト

コールセンターのススメ

電話応対の基本・応用

コールセンターの顔合わせ・職場での服装

更新日:

コールセンターの仕事に興味を持っている人、これから初めてコールセンターで仕事をしようとしている人は、「通勤はカジュアルな服装でも良いのか」「派遣先との顔合わせには何を着ていけばいいのか」など、服装について気になっている人も多いのではないでしょうか。

初めての場合には勝手が分からずに悩むことも多いかと思いますので、ここではコールセンターで仕事をする時や顔合わせに行く時の服装について

 

コールセンターの顔合わせや職場での服装

それでは、以下に「顔合わせの時の服装」「仕事をする時の服装」に分けて、コールセンターにはどんな服装が適しているのかを説明していきます。

 

顔合わせでの服装

まずは派遣先との顔合わせでの服装ですが、これはスーツで行くのが良いです。

ちなみに顔合わせというのは、「面談」や「職場見学」と言われることがありますが、どの言い方であってでも内容は同じで、派遣先企業との面接のことです。

法律上で派遣先は派遣スタッフとの面接が禁止されていて、面接によって合否を決めることができないため、顔合わせなどという言い方をします。

ただし、面接が終わった後には、職場見学(実際にコールセンターの中に入って業務をしている様子を見ること)が可能な場合もあります。その際には、大まかにですがその職場の雰囲気を掴むこともできます。

なので、言葉上は「顔合わせ」や「面談」などといっていても実質的にはいわゆる採用面接にあたる場面ということで、面接にふさわしい、清潔感のある服装を意識しておくと良いです。

私はいくつかのコールセンターで仕事をしていた経験があるので、派遣先との顔合わせも何度も行ったことがありますが、基本的にそのためのスーツを1、2着用意していました。

そのスーツにシャツと黒のパンプス、そしてA4サイズの書類が入る大きさのシンプルな黒の鞄を合わせて行くというパターンです。

ついでに言うと、派遣会社の登録も同じ服装で行っていました。

派遣会社の登録はオフィスカジュアルでも良いという人もいるかと思いますが、スーツのほうが真面目な印象を与えるので心象は良いですし、派遣先との顔合わせにも同じもので問題はありませんので、スーツを一つ用意しておくことをおすすめします。

 

職場での服装

次に、実際に仕事をする時の服装についてですが、この場合はいわゆる「オフィスカジュアル」で大丈夫です。

コールセンターの仕事は電話応対なのでお客様と対面することはありませんし、比較的カジュアルな服装で良いところがほとんどです。

ただ有名企業など規模の大きいコールセンターではドレスコードを設けているところもあります。

たとえば「夏のノースリーブやミュールはNG」「ジーンズやスニーカーはNG」など、何が駄目でこれならばOKと細かく決められていて、業務開始後にそれについての説明があります。

ですので、そうしたドレスコードがある場合にはそれに則った服装を選ぶ必要があります。

といっても、それほど神経質になることはありません。

スニーカーなどのカジュアル過ぎるものや、露出の多い服装などは制限されていることが多いですが、一般的なオフィスカジュアルの服装であればほぼ問題ないです。

ただ、難しく考える必要はありませんが、もしそれに反する服装をしていると注意を受けることになるので、基本的にはガイドラインから外れない服装を意識しておくようにしましょう。

 

まとめ

以上、コールセンターの面談や仕事をする時の服装についてまとめました。

派遣先との顔合わせは、面接の場であることを意識した清潔感のあるスーツが良いですが、実際に仕事をする時の服装はオフィスカジュアルを意識したものであればほぼ問題ありません。

ただし、職場によってはドレスコードが設けられていて、してはいけない服装が明確に決まっていることがあります。

特に堅苦しい服装を求められることはありませんが、ジーンズやスニーカーなどのカジュアル過ぎるものは駄目な場合が多いです。その際には、きちんとガイドラインに沿った服装選びをするように留意しておいてください。

スポンサーリンク

-電話応対の基本・応用

Copyright© コールセンターのススメ , 2019 All Rights Reserved.