コールセンターで働く人・働きたい人を応援するサイト

コールセンターのススメ

電話応対の基本・応用

コールセンターで働くメリット・デメリット

更新日:

スポンサーリンク

仕事がきついというイメージのあるコールセンターですが、時給が比較的良い上に大量募集している求人も多く興味を持つ人も多いのではないでしょうか。

コールセンターの仕事は大変ではありますが、それと以上にメリットとなることもあり、個人的にはおすすめしたい仕事です。

それでは実際に仕事をする上でどんな良い点があるのか、この記事ではコールセンターで働く上でのメリットとデメリットを紹介します。

 

コールセンターで働くメリット

それでは、まずコールセンターで働くメリットを挙げていきます。

 

その分野のことに詳しくなれる

コールセンターの仕事といってもいろいろありますが、いわゆるカスタマーセンターでの仕事であれば、「その企業の商品を使っているお客様」「購入やサービスの加入を検討しているお客様」からの疑問や問題に答えたりアドバイスをするのが仕事です。

そしてお客様からの質問に答えるには、その商品やサービスのことをよく知っている必要があるので、仕事を続けるだけで必然的にその業界に関することや商品・サービスについて詳しくなっていきます。

コールセンターには最短1日からできる単発や短期の仕事もありますが、やはり長期で働くほど身に付くものは大きいです。

 

知識の幅が広がる

上記のように、コールセンターで仕事をするとその商品やサービスについて詳しくなることができますが、業種が違う複数のコールセンターで仕事をすると、さらに知識の幅が広がります。

たとえばOSやOffice関連、インターネット接続のサポート業務といった仕事であれば、「自分が普段使うパソコンの設定が簡単にできるようになる」「Wordの資料を短時間で作れるようになる」など、その仕事以外のところでも役立てることができるので、それもメリットの一つだといえます。

 

自分のペースで働ける

コールセンターは土日祝日を含めて朝9時から夜8・9時まで営業していることが多く、そうしたセンターは早番・遅番などいくつかの時間帯を組み合わせたシフト勤務になっています。

センターによっても違いはありますが、シフト勤務の場合は時短勤務が可能な場合もありますし、希望すればシフトの増減が調整できる場合もあるので、たくさん稼ぎたい場合にはシフトを多めに入れてもらう、逆に週4日ペースでのシフトにしてもらうなど、自分のペースで働きやすいところといえます。

 

効率的に稼げる

コールセンターの仕事は総体的に時給が高めです。

たとえば長期・受信の案件であれば1,500~1,700円ほど、高ければ2,000円を超えるものもあります。

専門的な知識が必要なものや語学力が要求されるようなものなどは時給が高めになりますが、未経験・特別な知識がなくてもOKというものでも他の職種と比べて高めの設定になっています。

ちなみに長期ではなく、短期や単発の案件もよく募集していますが、それらも1,500円以上の高時給のものが多いです。

なので、必ずしも長期的に働く訳ではでなく「数日間だけ」「1ヶ月間」だけなど、その時の都合に応じて効率的に稼ぐことができます。

 

デメリット

では次に、コールセンターで働く時のデメリットです。

 

精神的な負担が大きい

コールセンターは精神的な負担が大きい仕事です。

質問に答えるために多くのことを覚えなくてはいけないということもありますが、細かい点については覚えるというよりも、基本的にマニュアルや資料があるので、お客様の質問を聞きながら必要な資料を開いてそれを見ながら答えるということができれば大丈夫です。

ただ、中にはクレーム対応で怒鳴られることもありますし、厳しいことを言われることもあります。

そして、たとえその電話で消耗してしまっても、何事もなかったように次の電話を取って応対しなければいけません。

適度に気持ちの切り替えをするなど、一つのことにとらわれずに次のことをこなしていく心持ちが必要です。

 

勤怠に厳しい

コールセンターは一日に入ってくる入電数から必要なオペレーターの人数を想定してシフトが決められています。

多少は余裕を持ったシフトが組まれているとしても、当日欠勤をする人が多いと、その分少ない人数で入電に対応しなければいけなくなるため、出勤しているオペレーターの負担が大きくなります。

それでも大きなコールセンターだと当日欠勤や無断欠勤をする人もある程度いますが、勤怠が良くないと注意を受ける、極端に休みが多いと契約更新に影響が出るということもあり得るので注意が必要です。

 

まとめ

以上、コールセンターで働くメリット・デメリットをまとめました。

コールセンターの仕事は一般的に言われているように精神的な負担が大きいなどのデメリットはありますが、メリットとなる点もたくさんあります。

時給は総じて高く設定されていますし、勤務時間を調整できる場合もあるなど、長期で安定的に仕事をしたい時にはもちろん、空いた時間を使って効率的に稼ぐということもでき、自分のペースに合わせた働き方が可能です。

また特定の商品やサービスに詳しくなることができ、それらは仕事以外のことにも役立つことが多いので、知識を身につけておくだけでも得だといえます。

他のの仕事にはない良さがあるので、興味を持っているのであれば一度実際に働いてみることをおすすめします。

スポンサーリンク

-電話応対の基本・応用

Copyright© コールセンターのススメ , 2019 All Rights Reserved.